2010/02/15

022 スノボはスキーの一種。

金持ちのスポーツであったスキーに対するアンチ、
あるいはゲレンデのヒンシュクとして生まれたスノーボードが、
スキー連盟の管轄でオリンピックに参加しているというのがもったいない。
そもそも自由を勝ち得たはずの領域が、オリンピックにへりくだる必要はない。
オリンピック出場を拒否するライダーとかいないんだろうか?

この件、調べると、IOC的にはボードはスキーの一種らしい。
だから各国のスキー連盟に参加していないとオリンピックには出られないらしい。
訳分からん。
どこのおっさんがそんなことほざいとるんやろな。

以下、wikipediaからの引用「テリエ・ハーコーセン」部分

1998年冬季オリンピックからスノーボードが正式種目として登録されたが、
IOC(国際オリンピック委員会)がISF(国際スノーボード連盟)ではなく
FIS(国際スキー連盟)に出場選手選定を委託した事にハーコンセンを含む
多くのスノーボーダーらが強く反発、ハーコンセンは出場選手選定から参加を拒否した。
また、オリンピックによる国対国の構図はスノーボードの「自由な精神」に反するとした。
そこでハーコンセンはダニエル・フランクと共に、選手を最優先したイベント
「アークティックチャレンジ」を開始。
2000年以来このイベントは毎年ノルウェーで開催されている。


ハーコーセン、偉いな。さすがや。
でもちょっとイライラしてきたしこれでも見よう。