2015/07/19

大分トイレンナーレ作品に関して



「gonzo here」シリーズはcontact Gonzoが即興的なパフォーマンスを行ったその場所でスマートフォンやタブレットを使用して鑑賞するオンライン映像作品です。
以下の住所の場所に、それぞれの場所での映像作品にたどり着くためのメールアドレスが記してあるので実際に行って確かめてください。
そこにあるメールアドレスに空メールなり、何かしらのメモなどを含んだメールを送ってください。自動返信機能でただちに映像のリンクが送られます。
ヘッドフォンをなど持っている人はそれを装着してみてください。
またこの作品はその場所で観ることを想定されています、転送やリンクのアップロードは控えてください。


gonzo here 01

竹町パーキング/多目的用トイレ
〒870-0035 大分県大分市中央町2丁目9
https://www.google.co.jp/maps/d/edit?mid=z_Jkv6BXYxrk.k-L5uezeE6zo


gonzo here 02

じゃんぐる公園/多目的トイレ、男子トイレ(リンクは同一)
〒870-0034 大分県大分市都町3丁目54
https://www.google.co.jp/maps/d/edit?mid=z_Jkv6BXYxrk.k-L5uezeE6zo


gonzo here 03

大手公園(大通り側多目的トイレ)
〒870-0021 大分県大分市府内町3丁目
https://www.google.co.jp/maps/d/edit?mid=z_Jkv6BXYxrk.k-L5uezeE6zo

2014/09/29

073 ヨーロッパでの制作の様子。

8月に、ラトビアとイタリア、それからロンドンに5週間ほどかけていってきた。
ラトビアとイタリアは、Dance Moves Citiesという企画で現地のダンサーとワークショップを行い、最終的に街中のサイトでショーイングを行うというもの。
ロンドンは、国際交流基金主催で、トークイベントとパフォーマンスを行った。

ラトビアの企画に関してはドイツのドキュメンタリーテレビに取材を受けて放送された模様。
以下のリンクの13分くらいからゴンゾと現地ダンサーたちの様子。

http://www1.wdr.de/fernsehen/kultur/west-art-magazin/sendungen/rigakulturhauptstadt114.html

072 映像アップ先、移転作業。

現在ゴンゾの映像はVemioの方にアップしています。
Youtubeにあるものも、現在の映像のサイズと規格が合わないので順次、こちらに移していきます。
https://vimeo.com/contactgonzo/videos

2014/08/04

071 振付け作品/仕様書


8月3日にトヨタコレオグラフィーアワード、ファイナルステージ2014という企画で発表した振付け作品は、
誰でも出来るように作ったのでその仕様書を公開します。アワード時に配布した物を加筆修正した物です。
またこの作品は販売も行います。仕様書内に条件を記載していますので購入検討していただける方は塚原までご連絡ください。

連絡先:https://lh3.googleusercontent.com/-Re1UvoQC8Ro/UL3DhsQqHuI/AAAAAAAADVU/g1w_QEK1EXs/s733/contact.jpg




「訓練されていない素人のための振付コンセプト001/重さと動きについての習作」 


上演場所に関して
暗転ができる場所であれば作品を上演する場所は問わない。
ただし最小限3000mm四方ほどの場所が必要。 
作品は正面性を持つ。横、裏からは見せない。

パフォーマーについて
出演者は四名(以下、A、B、C、Dに分類)。年齢、性別は問わない。基本的には表現としてではなく、これを作業として行える人物が最適である(ダンスや演技の訓練を受けているとそれが邪魔になる場合があるので注意)。できるだけ訓練を受けていない素人の出演者。また、明るい人間よりも、つつましいSPP(サイレント・パーレー・ピーポー)を優先的に選ぶ。ただし上演する以前にこの4名は知り合いである必要がある。共に登山をしたりしている必要がある(このときついでに作品で使用する石を持ち帰る)。もとから田舎に住んでいる場合は、共に都会にでて公園やビルの隙 間で寝たりしている事。

パフォーマーの個別の準備

Aに関しての準備
衣装:細身のズボン(黒系色)、長袖スウェット(カーキ系色)、 ニットキャップ(黒)、スケートシューズ(黒)
持ち物ボルトナット一掴み、割り箸×1、アラーム付き腕時計

Bに関しての準備
衣装細身のズボン(黒)、長袖シャツ、細身のセーター、カーデ ィガン、靴底の凸凹が少なめの靴 
持ち物様々な分野の書籍をザックにいっぱい(必ず読んだ事のあ る書籍であること)、
BMXの後輪(見つからない場合、何か回転するもので代用)、ロープ、飲み物

Cに関しての準備
衣装赤い服、サッカーパンツ、スニーカー、くるぶしソックス、 キャップをかぶるかを現場で判断
持ち物
石(10-12kg)

Dに関しての準備
衣装白地のティシャツに自分で絵を描くこと
持ち物楽器(何かしらの、得意でないもの)、フラッシュ付きのカメラ
(Fujiの「写ルンです1600Hi Speed」が販売中はこれを使 用のこと)


全体的な事前の準備に関して
リハーサルはできるだけしないように。
その時間と資金をすべて美味しい食べ物に充てる。
自分たちで行うテクニカルの不味さに関しては逆手に取る事を目指すこと。
健康保険に加入している事。


場所のセットアップに関して
Aが寝転ぶ場所を作品の中心とする。
(Aは場所の中心に寝転ぶ)Aは頭を下手(客席から見て左側)にむける。
ウェブカメラとパソコンを用意し、仰向けに寝るパフォーマーの顔を上から撮影し、テレビモニターに映す。
足下の方にドラム(タムなど。代用可。)をひとつ床に置く。
寝転ん でいる背後に1200四方ほどの段ボールの家を置いておく。
これはDが現場であらかじめ作っておく。
照明や音響のセットアップはパフォーマーが行う。
客席も含め上演場所が15000mm 四方よりも小さい場合、音響装置は不必要。
それ以上の大きさの場合はマイク2台でAの声と、ドラムの音をアンプリファイする。
照明は基本的には白色地明かりで、パフォーマーはスイッチひとつで消せるようにしておく。
どこかの部屋でやる場合はそこにある照明を使う。


上演手順 

Aが仰向けに寝転ぶ。
このとき15分に設定したアラームのカウントダウンを開始する。
続いてBがその上に乗る。
10分後、Cが大きな石を持ってさらに乗る。
Cはそれまでの間、石を持ったまま横にいても良い。
B、CはAに全体重を乗せて、また落ちないように努力する。

Dはその後ろにある段ボールの家に待機、暗転したら出てきて持参した楽器を演奏する。
また暗闇の中演奏しながらカメラのフラッシュをたきながら自身を撮影。
明かりが戻れば家にもどる。

暗転はAがボルトナットをドラムにあてたら、Bがそれを判断して照明を消す。
しばらくののちAの判断でクシャミをすることを合図にBが明転。

B、CはAにとって物理的に苦しい場所を選択して踏む必要がある、
しかし同時に肋骨や胸骨、鎖骨等を折らないようにも気をつける。
また骨のない腹部は直接内蔵を圧迫するので出来るだけ踏まないようにする。
持ち込んだ道具等を使って関わりを持つ。

Aのアラームが鳴ったら、そのままの体制で奥の家の中に移動する努力をする。
アラームを合図にDは家からでてきて楽器をならす。
しかるべきタイミングでDが光を消して終了。
アラーム以降は5分以内で終わらす。
すべてを真顔で無言で行う事。


続編に関して
contact Gonzoは本先品を1作品目として物理学シリーズの残り2作品を制作する。  
タイトルは以下のものを予定。  

「訓練されていない素人のための振付コンセプト002/速度と動きについての習作」
「訓練されていない素人のための振付コンセプト003/角度と動きについての習作」

すべてが完成すると60-70minの本作品となる。


作品の所有権に関して
contact Gonzoはこの作品(「訓練されていない素人のための振付コンセプト001/重さと動きについての習作」)の所有権を100,000jpy で販売。概念上の複製は20部まで販売する。購入者は以上の指示を守りこの作品を自由に上演する権利を持つ。contact Gonzoのメンバーが存命中は作品のメンテナンスに責任を持つ。 
参考資料として、上演中(初演contact Gonzo事務所、及びトヨタコレオグラフィーアワード・ファイナルステージ2014)に撮影したウェブカメラの映像を付与する。

ただし個人で観客を入れずに勝手にこれを行い、また映像等をアップする事に関しては作家は関与しない。
またそのような状況で映像をアップする場合のタイトルは
 
「訓練されていない素人のための振付コンセプト001/重さと動きについての習作の積極的な無断再現」


とする。


contact Gonzo 2014 8.3

2014/04/28

070 村の芸術祭、参加



京都府の端っこの方に、南山城村という村があり、そこに黒川記章建築のホールがある。
そこを舞台に行われる「村の芸術祭」というイベントに参加します。
5月4ー5日。

ゴンゾチームは、その裏を流れる木津川を使ったパフォーマンス作品を発表。
作品は、黒川記章がきっとこの川を眺めるために作ったんだろうなと思わせる、
ホール内の大きな窓からみる事になるかと。まだ予定段階だけど。
1日から現場入り。

対バンは京都のMuDAさん方。ゴンゾ対MuDAのスポーツ?大会も予定。
バーミシン含め(5日のみ)、屋台もたくさん出るそうで楽しみ。
よろしくです。